誰のための仕事なの?

 いつもの定期通院。何事もなく終わる予定だ。最近は、あまり悩むことはなくなったから良くなってきていると思う。

 「早くこの現状をどうにかしないといけない」

     ↓

 「どうでもいいやー☆」

 と、いった感じに気持ちの変化があった。何とかなるかなあ。考えると疲れるから考えない。適当。まあ、そのうちどうにかなるかー☆今は目の前を楽しく過ごすよ♪と、思っていた。

 しかし、主治医の見解は違った。

 

 「集中力がない」

 考えることを途中でやめてしまったことだ。服薬しないと早く治らないとのこと。

 

 服薬。今は弱いものを服用している。これ以上強い薬は飲みたくない。どうなるかわかっているから。仕事上、服薬している方をたくさん見てきた。薬がどんなものか、副作用についても理解している。

 生活していくために、生活しやすくするために手助けをしてくれるもの。薬。

 

 私の場合、薬を飲んで過ごす生活は私自身の生活ではない。社会福祉士として仕事をする上での生活だ。

 私は、服薬しながら自分を律し、奮い立たせ、誰かの支えをする。薬を飲みながら、自分の人生、心身を削りながら、相談者を支援する。

 

 そこまで私は望んでいない。

 それは、私の人生ではない。

 薬を飲んでまでする仕事じゃない。

 今の私にはできない。したくない。

 

 自分の人生を生きよう。

 

 誰かのためにって、ずっと走ってきた。人に役立つ仕事をするって決めてた。

 いつのまにか自分を忘れていた。自分のことはいつでもできるからって、常に後回しにしていた。

 そしたら、自分のことをする感覚がわからなくなってた。

 毎日、胃が痛いって言っているのに。ぽろぽろ涙が叫んでるのに。おなかがすいてるけど、もう、食べることもめんどくさくなっているのに。体がずーっと助けてって言っているのに。無視してた。

 

 やっと、やっと、自分の声を聞いた。

 薬、飲みたくない。

 

 誰かの役に立ちたい。

 だけど、その前に、私を愛してあげなくちゃ。今まで放ったらかしていた。何にもしてなかった自分を。

 

 誰かのために。

 まず、自分が健康で幸せであること。

 その後に、誰かのこと。

 

大石林山の幸せのガジュマル&うがんガジュマル。


f:id:t0807h:20191104155709j:image

 3連休を利用して、沖縄の大石林山に行った。以前テレビで紹介されていたのを見て、行こうと思った。テレビの内容によると、写真を撮るとオーブが写ったり、運気が好転をした方がいるとのこと。

 私も写真を撮って、オーブが見たい!運気アップしたい!と思い行ったのです。

 

 結果は・・・1つもオーブの写真が撮れず・・・。画像の写真は、ガジュマルの緑が素敵だったので載せてみました。

 撮るぞー!!と、意気込んで行ったから撮れなかったのか・・・。よこしまな気持ちで行ったからなのか。私のタイミングが合わなかったのか。オーブ側としては、そう易々と撮らせるまい、と思ったのか。理由は何であれ、結果は撮れなかった、です。

 

 大石林山には、いろんなコースがあるらしく、私達は美ら海高台の景色を目指す30分コースと、ガジュマルの木々を感じる30分コースの、計1時間堪能してきました。

 1時間といっても、ゆっくり歩いて風を感じたり、お花を見たり、写真を撮ったりしていたので、1時間半ぐらいゆっくり楽しんできました。

 ガジュマルの中でも「うがんガジュマル」というガジュマルがよかったです。気持ちいい。心地いい。ベンチもあるので、ここにいたいなー♪という感じでゆっくり過ごしました。おすすめです!(*^^*)

 でも、座っていると蚊に刺されますので注意です。長袖&長ズボンは必須。気になる方は虫よけスプレーも◎

 

 その他のコースには、前日までに予約が必要な「スピリチュアルツアー」(有料)がありました。次回は、このスピリチュアルツアーに参加したい!そしたら、オーブが撮れるはずだ!!( ☆∀☆)

 ・・・と、思っているから撮れないのかしら・・・。

 

 不思議な体験、ではないのですが、行ってスッキリした感じはあります。森の中に入った時は、一瞬くらっとしたのですが、マイナスイオンや、風、空気がおいしくて、ずっとここにいたいなー♪と思いました。

伊勢神宮に呼ばれてる・・・?(3) しいたけ占い × 伊雑宮へ!!

 


f:id:t0807h:20191028220930j:image
f:id:t0807h:20191028213638j:image

 

 行こう。やっぱり行こう。「しいたけ占い」を見て、行くしかないと思った。

 

 本当は、夫と二人で京都旅行の予定だった。京都の景色を見て、おばんざいとおいしい酒に、和三盆。亥年だし、護王神社に仕事のお願いをしに行かなくっちゃ。

 でも、何か引っかかる・・・。伊雑宮だ。

 京都府に行くか、三重県に行くか・・・。

 以前から、夫と京都に行こうと話していた。ゆっくり休んで充電する旅だ。特に嵐山に行きたかった。でも・・・。

 ざわざわする。何か引っかかる。心の奥にしまっておいたのだが。今回は行かないよ、また今度ねって思っていたのだが。落ち着かない。

 ・・・行くしかない・・・。うん。行こう。行かなくちゃ!

 

 夫に相談し、行き先を変更した。

 三重県伊雑宮

 行く。呼んでる。呼ばれてる。

 今、このタイミングなのだ。

 

開けてすぐ食べられるもの。何を食べていいかわからない。

 食欲がない。食べるのが面倒くさい。これ食べたい!が、ない。だけどおなかすいた・・・気がするから、何か食べないと。胃が痛いし、頭痛するし。
 とにかく、何かを食べなければ。でも、何を食べたらいいの?みそ汁って気分でもないし。栄養考えないといけないし・・・。もう、それを考えるのも面倒くさい。

 りんご→むくのが面倒くさい。
 ヨーグルト→冷蔵庫開けるのが面倒くさい。
 カスタードケーキ→これだ★開けてすぐ食べられる。カロリー高い。よし!!

 こんな思考回路。栄養も何もない。(ロッテさん、ごめんなさい。でも、チョコパイ&カスタードケーキは、スパイラルでいけます★)

 夫が帰宅して、「ヨーグルト食べる?」と聞いた。わからなかった。食べたいのか、食べたくないのか、食べるべきなのか・・・。
 単純な質問。食べる、食べない。yes no
 それすらもわからなかった。私、どうしたんだろう。惨め?それぐらいのこともわからないなんて。泣いた。

 栄養がどうのこうの、じゃなくて、今食べられるものを食べる。
 まずは、そこから。
 ヨーグルト、バナナ、スープ、バニラアイス。なんか、風邪ひいたみたいな食事だけど、食べられるのが大事なんだな。

伊勢神宮に呼ばれてる・・・?(2) 伊雑宮の「巾着楠」

 以前、記事にしたことがあるが、その時は私が伊勢に行くタイミングではなかったのだろう。行くことはなかった。

 t0807h.hatenablog.com


 今後のことをぼやーっと考えていた。退職するのか。クビになるのか。復職するのか。それなら、強めの薬に変えるのか・・・?
 もう、こんな状態になってから一年半ぐらいだろうか。さすがにヤバイ。もう、社会復帰なんてできないかもしれない。どうにかしないと。そんなことを毎日考えている。ぐるぐると。

 ふと、退職したら一人旅に出よう。期間は決めないで。ふらふらと。と、思った。まだ、どうするか決めてないのに。
 一人旅先は伊勢神宮にしよう。と。
 そっか。私、呼ばれてるかもしれない。

 思い立って、本屋さんで伊勢神宮のことりっぷを見た。ぱらぱらとページをめくると、伊勢神宮のいろんな写真が私を迎えてくれた。泣きそうになった。
 悲しいとか嬉しいとかわからないけど、ぶわぁっと感情が吹き出る感じだった。あわてて、涙をひっこめた。他の人もいるのに、泣いてたらおかしい人認定だ。
 なんだか、ページをめくるのにドキドキした。変だ。私、落ち着け。何もドキドキすることなんてないし、ただ、立ち読みしてるだけだ。ここで泣くな。

 そのうち落ち着いて、他の伊勢神宮関連の本を見ても、さっきの感覚はなかった。なんだったのだろう。私が伊勢に行きたがってるのか。

 その後、カフェに入った。さっきの感覚と伊勢神宮が忘れられず、スマホ伊勢神宮のことを調べていた。大木の写真に目が留まった。
 何か気になった。伊勢神宮の内宮や外宮の写真ではなくて、木。うーん・・・せっかくだから境内とかの写真がいいんじゃないか。さっきもそんな感じの写真ばっかりだったし・・・。と、思いながらも、その木に見とれていた。写真なのに。誰かがブログにあげた写真なのに気になる。暖かい感じがするっていうか、また泣きそうだ!!私!!あ、まずい、まずい。お昼時のカフェ。満席。泣くな、私!!
 それは、伊雑宮の「巾着楠」という、樹齢700年ほどの大木の写真。
 また、さっきの感覚になった。なぜかわからないけど涙が出てくる。かなしい?うれしい?さみしい?そんな感情ではない。説明できない。

 行きたがっている。行かねば。体力が回復したら、気力が戻ったら行こう。

 【2019・9・6 追記】
 この記事の管理で、再度、巾着楠について調べていた。また、木の写真を見た。胸がきゅーっとなって、鼻がじんじんして涙がぽろぽろ出た。「帰りたい」 と、思った。
 全く、縁もゆかりもない、出身地でもない。行ったこともない。そこに。
 帰りたいと思う。なぜだろう。
 

夏祭りと花火。理想の家族。

 また、祭の季節が来た。夏祭りと花火。
 今までは、ワクワクして楽しみなイベントだった。どこの祭に行くか。ステージの出演者を調べたり、ルートを調べたり、近隣の施設を調べて、日中から祭の翌日まで楽しむプランを考えるのが楽しかった。浴衣も新調したかったから、いろんなお店を見て回ったし、小物や髪型もどうしようかと迷うところから楽しかった。
 学生の頃は、お小遣いでやりくりしながら屋台を楽しんだ。友達がバイトしている屋台を冷やかしに行った。社会人になってからは、大人パワーで、祭会場の近くのホテルに宿泊したりして、のんびり過ごした。

 楽しみな夏のイベントだった。だけど、一変した。もう、今は辛い。

 楽しそうな人達を見るのが辛いのだ。私は、もう、あんな風にはしゃげないだろう。楽しめないからだ。
 友達とキャッキャ言いながら、歩いている学生。親に屋台のゲームをしたいとねだる子ども。ビールを片手に楽しそうな人達。浴衣デートするカップル。みんな楽しそうな夏の一幕なのだ。

 そんな人達を横目に、私は一人で部屋にいる。そんな気分にはなれないことを知っているから。夏祭りが終わるのをじっと待つ。本当は、夏祭りを楽しみたいのに。
 祭の放送。盆踊りの音楽。屋台の香り。花火の音。煙のにおい。早く終わってと思いながら、やり過ごす。

 それらが全て幸せの証だと、ありありと思い知らさせている。私は、そこに行けない世界なのに。すぐ隣にあって、笑顔で通りすぎていく。パレードみたい。
 キラキラ。輝いている。私は、そうじゃないと思い知らさせている。キラキラが楽しそうで、よけい私が落ちていく。

 夏祭りは、そんな時間なのだ。

 また、キラキラの世界に戻りたい。

怒られていると感じてしまったこと。人が怖い。

 定期受診に行った。
 主治医に書いてもらう書類があり、記入をお願いした。記入例が記載されている用紙も一緒に渡した。主治医は、私に確認しながら内容を記入した。
 その内容が、頭に入ってこないのだ。「ああ、この人なんか言ってるなあ・・・。」という具合いだ。途中から、「ああ、そうか。」と追い付くのに時間がかかる。なおかつ、頭で整理して返事をするのも時間がかかる。
 そのため、相手は一生懸命私に説明をする。こーで、あーで、こうだから、これこれになる。それで、この書類を提出する日は・・・。
 私の顔は「???」に見えているに違いない。きっと、固まっていただろう。また、説明をしてくれる。

 だけど、それが怒られている様に感じるのだ。
 何でこれぐらいもわからないのか。さっきも言ったのに。まだ、わからないの?何してるの?
 ごめんなさい。頭が追いつかなくて。もう、説明をしてくれるのが申し訳なく思ってきた。泣きそうだった。

 なんとか理解し病院を後にする。次は薬局。
 薬局の薬剤師のおばちゃんが、いろいろ聞いてくる。
 「・・・?えーっと、何だっけ。」
 違う言葉やニュアンスに変えて、引き続き質問してくる。「あ、はい。」正解を答えた。ここで必要な答えはこれだ。乗りきった。

 薬剤師のおばちゃんが、私の手を握って冷え性を心配してくれた。
 もう、限界だった。ポロポロ泣いた。
 いろんな感情が忙しかった。
 自分に対しての能力の低さ。理解力のなさ。いろいろ説明してもらったありがたさ。それと、申し訳なく思う気持ち。たくさん話されることに圧倒された。怖さ。温かな手。母を思い出してしまった。うつになってしまった申し訳なさ・・・。
 人と話すことが怖いのは、いつ治るのだろう。